注文住宅の工法は全部で何種類ある?

注文住宅の工法は全部で何種類ある?

自由設計の注文住宅であれば、自分たちの理想通りに住まいをプランニングすることが可能です。
とはいえ、理想的な注文住宅を実現するには、それにふさわしい工法を採用しなければなりません。
この点、一口に工法といっても多種多様ですが、大きく分類すれば、木造系と鉄骨造系に分けることができるでしょう。
まず木造系の代表格は、木造軸組です。
日本の伝統的な在来の施工方法であり、基礎の上に木材の柱や梁そして屋根を組み上げ、筋交いを入れて補強していく点に特徴があります。
その他に木造系で注目したいのが、ツーバイフォーです。
これは北米を発祥とする外来の施工方法で知られ、床と天井そして屋根をパネル材で組み上げ、面で支えるモノコック構造に大きな特徴が見られます。
ちなみに名称由来は、基本的に2×4インチの角材を使用するためです。
鉄骨造系の代表格では、鉄骨軸組が知られます。
木造軸組と同じく柱と梁そして屋根を組み上げ、さらに筋交い入れた骨組み構造ですが、建材に鉄材を使用する点に、大きな違いがあります。
もう1つ忘れてはならないのが、鉄筋コンクリート造でしょう。
RCとも呼ばれるこの施工方法では、基礎だけでなく柱や梁といった主要部にも、鉄筋を包み込むようにコンクリートを流し込む点に、大きな特徴があります。
どの施工方法にもメリットとデメリットがあるので、注文住宅に求める条件とマッチしたタイプを選ぶことが肝心です。

注文住宅の間取りに関するメリットや注意点

注文住宅を建てるメリットとして、間取りを自由に決められることが挙げられます。
たとえば、リビングを2階に設けて、風呂などの機能的な部屋を1階に集中させることも可能です。
将来を意識して、バリアフリーを取り入れたレイアウトにすることも多いです。
そのような特殊な仕様について、建売の場合はリフォームで実現するのが一般的となっています。
一方、注文住宅の場合はあらかじめ設計で考慮することも難しくありません。
その結果、自分たちにとって快適といえる住空間を実現しやすいというわけです。
とはいえ、やみくもに設計すると失敗しやすいので注意してください。
実際には生活動線を明確にするなど、必要な準備は多岐にわたります。
家族との暮らしをシミュレーションしたうえで、最適と思える間取りを提案しなければなりません。
建築士やデザイナーとも相談を繰り返し、設計案をブラッシュアップしていくことが必要です。
そうしてアレンジの回数を増やすと理想に近づけられます。